第23回

近畿薬剤師学術大会

in 和歌山

演題募集

1.演題募集期間

2020年5月21日(木)正午 ~6月30日(火)正午

2.演題募集

1)口頭発表(発表時間7分 討論時間3分)
2)ポスター発表(示説)
3)どちらでも可能な発表

3.応募資格

筆頭演者は、日本薬剤師会の会員である必要があります。 演題登録時に会員番号が必要となりますので、予めご確認ください。
※演題登録時点で非会員の場合は、必ず会員登録を行ってください。
※入会については、ご自宅か勤務先のある各府県薬剤師会までお問い合わせください。
※発表者は参加登録を行っていただくことが必須となります。(事前登録、当日登録いずれでも可)

4.応募方法

演題登録は、 ホームページよりオンライン登録にて受け付けます。本画面の最後の「演題登録」ボタンから演題申込みと抄録の登録を行ってください。

5.演題登録手順

  1. 1)初めて本システムをご使用になる方は、下記の手順でまず申込者登録(筆頭演者=発表者)をしてください。
    ◆【初めてご利用される方】の【演題投稿】を☑チェックして【次へ】をクリック
    ◆入力フォームに従って必要な個人情報を入力
  2. 2)個人情報登録後、演題登録が可能となります。
    ※ご登録前に、募集要項の「演題投稿」をご確認ください。

6.演題の受領通知

1)演題受領確認

演題受領確認は、演題登録時にご自身で入力されたE-mailアドレスに「受領通知」が届きます。誤りのないようにメールアドレスをご登録ください。

2)受領通知が届かない場合

登録完了時、画面に登録画面が表示されない場合や、登録完了より1日経過しても受領メールが届かない場合は、登録が完了していない可能性があります。受領通知メールが届かない場合は、「登録システム窓口」までお問い合わせください。

7.演題登録の修正・削除

演題募集期間中は、オンラインで何度でも修正・削除が可能です。演題募集締切後の修正・取り下げは原則受け付けませんので、あらかじめご了承ください。

8.抄録作成要項

1)演題分類

ご登録の際、希望の演題分類を、以下「演題分類一覧」より、1つ以上(第1~3希望)をお選びください。ただし、採用の段階でご希望の演題分類と異なるセッションでの発表をお願いすることがあります。また、都合により発表形式の変更をお願いすることがあります。予めご了承ください。

1 医療安全 7 薬学教育
2 地域連携 8 在宅医療
3 災害医療 9 医薬品適正使用
4 ICT 10 健康サポート薬局
5 学校薬剤師 11 生涯学習
6 スポーツファーマシスト 12 その他

2)申込者、共同演者および、所属について

共同演者は最大9名まで(筆頭演者を含め10名)、所属は最大10施設までとさせていただきます。

3)発表者について

演題の登録は、申込者=筆頭演者=発表者でお願いいたします。

4)文字数

演題名:全角60字以内
本文:全角800字以内(半角文字は1/2字と数えます)
項目立ては、原則として【目的】、【方法】、【結果】、【考察】としてください。
ただし、発表の内容が症例(事例)報告の場合には、【方法】を【症例(事例)の概要】としても結構です。また、【結果】と【考察】は併せて【結果および、考察】としても結構です。

注意事項
全角文字は1文字として、半角文字は1/2文字として数えます。アルファベットの直接入力は半角英数ですので1/2文字となります。半角カタカナや丸数字、ローマ数字、特殊文字等の機種依存文字は使用できません。画像および写真の添付はできません。

5)利益相反と倫理審査の有無

演題の登録の際に、利益相反と倫理審査の有無、本ページの該当部分に記載された設問の確認がございます。

9.利益相反(COI)の開示について

発表者(筆頭演者のみ)は、発表内容に関連する利益相反状態の開示が必要です。
開示は、口頭発表の場合、タイトルスライドの次に入れてください。
ポスター発表は、下端に掲示してください。※スライド見本は下段を参照、ダウンロードしてご利用ください。
開示の対象と基準は以下の通りです。(「日本薬剤師会における学術研究に係る利益相反規程」より抜粋)

企業や営利を目的とした団体からの収入
(診療報酬を除く)

  1. 01.報酬・給与、ロイヤリティ、日当、原稿料、講演謝礼、その他の贈与で、年間の合計収入が同一組織から100万円を超えるもの。
  2. 02.研究費(受託研究、共同研究、助成金、寄付金等)で、年間の合計収入が同一組織から200万円を超えるもの。
  3. 03.株式、出資金、ストックオプション、受益権等企業についての1年間の株式等による利益(配当、売却金の総和)が100万円を超えるもの、または、当該企業の全株式の保有率が5%以上のもの。
    但し、「02」については、個人への研究費に加えて、共同研究者または発表者が部署(講座、薬剤部、薬局)の長である場合は、当該部署への研究費は、部署の長の収入として申告・開示する必要がある。

利益相反規定(PDF:93KB)
利益相反有の場合(Microsoft PowerPoint:115KB)
利益相反無の場合(Microsoft PowerPoint:112KB)

10.倫理審査の確認

研究に際しては、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に則り、研究倫理に十分配慮することが求められています。
詳しくは、日本薬剤師会ホームページ「研究倫理」のページ をご確認ください。
したがって、学術大会での研究発表にあたっては、倫理審査が必要な研究の場合に、演題登録の時点で倫理審査を受けていないものは投稿できません。
演題登録時には、下記の設問により確認を行います。

確認内容

  • 利益相反の有無:「有」、「無」を選択。
  • 倫理審査の有無:
    1. 人を対象とする医学系研究に該当する研究ですか。
      「はい」を選択した場合は②へ。
      「いいえ」を選択した場合は回答終了

      「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」及びガイダンスにてご確認ください。日本薬剤師会 臨床・疫学研究推進委員会作成「倫理審査対象研究フローチャート(PDF:111KB)」もご参考ください。

    2. 「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」等の規程を遵守しましたか。
      「はい」を選択した場合は③へ。
      「いいえ」を選択した場合は演題登録不可
    3. 倫理審査の結果,承認されましたか。
      「いいえ」を選択した場合は演題登録不可

11.個人情報保護について

演題登録にて収集しました「氏名」「連絡先」「E-mailアドレス」等は、事務局からのお問合せやご連絡、発表通知に利用いたします。また、「氏名」「所属」「演題名」「抄録」はホームページおよび要旨集に掲載することを目的として利用いたします。本目的以外に使用することはございません。

12.演題採否通知

  1. 1)演題の採否および発表形式(口頭発表、ポスター発表)、発表時間の最終決定は主催者に一任していただきます。
    採否の通知は、9月頃までに、ご登録いただいたE-mail アドレス宛に連絡し、ホームページ上に採択一覧を掲載いたします。
  2. 2)応募された演題は、査読委員会において学術大会の発表演題としてふさわしいか否かを審査し、採択を決定いたします。
  3. 3)会場、日程の都合により、発表形式の変更をお願いすることがあります。

13.発表規定について

  1. 1)口頭発表
    PowerPointによるデジタルプレゼンテーション(1面映写)のみの発表となります。
  2. 2)ポスター発表
    会期中のポスター掲示、示説時間を設けます。ポスターを貼付するスペースは後日お知らせいたします。

演題登録

演題の新規登録・確認・修正・削除は以下のボタンをクリックしてください。

演題登録

お問い合わせ

【演題の内容に関するお問い合わせ】

第23回近畿薬剤師学術大会 事務局
〒640-8249 和歌山県雑賀屋町19
一般社団法人和歌山県薬剤師会
TEL:073-422-4748 
FAX:073-428-1143
E-mail:23th-kinkiyaku@wpa.or.jp

【システムの操作方法に関するお問い合わせ】

第23回近畿薬剤師学術大会 登録システム窓口
〒541-0058
大阪市中央区南久宝寺町3丁目1番8号MPR本町ビル9階
(株)JTB 西日本MICE事業部
電話:06-6252-5044 
FAX:06-7657-8412
E-mail:c_shimozakura084@jtb.com